業務用生ごみ処理機シンクピアは、生ごみを運ばず、燃やさず、その場で処理。生ごみを微生物の力で生分解する生ごみ処理機です。

シンクピアとは

  • HOME »
  • シンクピアとは

生ごみを「運ばず・燃やさず・その場で処理」
シンクピアはキッチン・厨房・事業所から生ごみを出さない環境を目指します。

生ごみ処理機シンクピアのコンセプト

業務用生ごみ処理機シリーズシンクピアは生ごみの発生場所であるキッチン・厨房・食品加工工場や、食品残渣が多く廃棄・排出される各種事業所などで、安全で快適に生ごみを処理する生ごみ処理機の開発に取り組んでいます。
シンクピア最大の特徴は、毎日大量の食品残渣を処理する業務用生ごみ処理機でありながら従来品よりコンパクトで室内設置を可能にした高度な技術力です。従来機製品では困難とされてきた生ごみ分解時の悪臭をバイオ技術により極限まで抑え、さらに大容量処理を保持しながらスペースの限られる厨房スペースなどへの設置が可能なコンパクトサイズを実現しました。

シンクピア7つのメリット

生ごみ処理機シンクピアの開発コンセプトは、「生ごみを運ばず・燃やさず・その場で処理」。
シンクピアでは、より多くのお客様に快適に生ごみ処理機を使用していただくため、バイオ実験をはじめとした多くの研究を重ね、優れた7つのメリットを備える製品の開発に成功しました。従来製品では困難とされてきた、脱臭機・排気ダクトが不要で室内設置を可能とする、省スペースコンパクト化や省電力設計など環境への配慮などもいち早く製品開発に取り入れ、生ごみ処理機業界の牽引役となっています。
また、全国対応のメンテナンス体制も充実していますので、シンクピアならアフタフォローも万全です。

生ごみ処理機シンクピアの7つのメリット

生ごみ処理とごみ問題の解決にむけて

ゴミ問題現在でも、一般家庭・事業所などから排出されるごみの総排出量は年間約4,274万トンと非常に膨大な量で推移しています。
焼却によるごみ処理をしていますが、最終処分場の残余年数は21.4年と非常に深刻な数字となっています。環境省が発表したデータによれば、ごみ焼却施設の数は現在約1,067施設。少しずつ減少はしているものの、他国と比べても桁違いに多く、焼却処理をしているごみの量も、世界で最も多いと言われています。焼却時に発生する膨大なCO2はもちろん、全体の約40%と言われる生ごみは水分含有量が多く燃えにくいため、大きな問題となっています。

シンクピアの環境への取り組み

シンクピアは『生ごみ』をその場で自己処理することにより、焼却時や運搬時のCO2を削減できます。また稼働による消費電力を大幅に削減し、省エネを実現。生ごみ特有の腐敗臭が出にくい設計と、自然由来のシンクピア独自培養による微生物の力で臭いを抑え、従来製品では困難だった室内設置を実現しました。ご使用の際は、生ごみを投入していただくだけ。原則取り出しは不要です。生ごみを移動する作業者の負担も軽減し、使う人にも環境にも優しい製品です。

SDGsの取り組み

シンクピアが目指すこと

生ごみ処理業界は、先進的事業として脚光を浴びて久しい業界ですが、その運営の難しさや膨大な開発費の問題などから、これまで多くの企業が撤退を余儀なくされてきた業界です。

そんな中、私たちシンクピアは環境・お客様に優しい生ごみ処理機を目指し、未来をより良くしていくことを目標としています。

すでにスタートしている生分解する微生物ハウスの開発、分別作業の自動化、汚れた生分解性プラスチック容器ごと生分解する製品など研究開発中です。

また液肥や土壌改良剤など『資源化』にも着目し、お客様に必要とされる企業を目指し、社会貢献に取り組んでまいります。

生ごみ投入から分解処理まで

  • 微生物の繁殖活動に必要な「水分」「酸素」「温度」を管理し、生ごみと微生物ハウスを混ぜ合わせます。
  • 定期的に撹拌、シャワー機能を稼働させて機器内の環境を保つことにより、微生物の力で生ごみを効率よく生分解していきます。
  • 生ごみの種類により処理時間に差はありますが、概ね24時間で処理が完了します。
  • 投入した生ごみは随時生分解していくので、残渣を取り出すなどの手間が掛かりません。
  • 1日の処理量を超えない限り、随時生ごみを投入できます。
  • 分解水は製品下部のメッシュから下水道へ排水されます。
    ※ 現地状況により排水処理設備が必要になる場合があります。

生ごみ投入から分解処理まで

シンクピアの最新テクノロジー

設置例イメージシンクピアでは、生ごみを生分解する微生物を自然界から採取・培養し、特性の異なる種類の微生物をブレンドして使用しています。この高度なバイオ技術の確立により、生ごみ処理の発酵臭(生ごみ特有の悪臭の元)を抑えて素早く生分解処理することができます。
また、生ごみの生分解に最適化した微生物ハウス(微生物の生息場所)との相乗効果で、生ごみの生分解に適した微生物「シンクザイム」を高密度に生息させています。

シンクザイム[微生物]

自然界から採取した微生物を培養し、生ごみ処理に最適な種類をブレンドしています。高度なバイオ技術により分解時の悪臭を抑えて、生ごみを生分解処理します。自然由来の微生物なので、安心してお使いいただけます。

バイオスター[微生物ハウス](Bio-star)

生ごみの分解に最適化した微生物ハウスです。多孔質構造になっており、微生物が高密度に生息し活動しています。機器内に投入した生ごみだけが分解され、バイオスターはなくならずに残ります。

クラゲール[微生物ハウス](PVA gel for wastewater treatment)

株式会社クラレが開発したポバール(PVA)樹脂でできた白く小さな球体。きわめて微細な網目状構造をもち、1粒の中に数億個の微生物が棲みつくことができます。

BCN+[微生物ハウス]

ポリオレフィン系樹脂を基材とした発泡体で多くの「孔」を有する。また、担体表面を粗面化し表面積を大きくしているので、多量の微生物を保持することができます。また、親水化剤を含有していますので水濡れ性が良く、汚れた水を担体内に取り込みやすく、導入初期の立上りが早い特徴があります。

バイオキャリアプラスティック[微生物ハウス]

水処理技術に使用している多孔質溶融プラスティックを改良し、シンクザイムとの相乗効果で、生ごみの分解に適した微生物を高密度に生息させます。微生物が固定化したときの変色度合が目視で確認でき、耐久性に優れたものです。

生ごみ処理機で分解できるもの・できないもの

分解出来るもの・出来ないもの

資料のご請求・お見積り・ご相談はお気軽に ➿ 0120-320-530 受付時間 9:30-17:30 [ 土・日・祝日除く ]

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

事業継続力強化計画弊社は、経済産業省より事業継続力強化計画の認定を受けています。

株式会社クラレ
公益社団法人日本下水道協会
FOOD_ACTION_NIPPON
Fun_to_Share
YouTube
ポジティブオフ
総合カタログ
コンセプトカタログ
  • facebook
PAGETOP
Copyright © SINKPIA・JAPAN株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.